ICLCについて

グローバル化した世界を生きる皆さんへ

グローバル化した世界を生きる皆さんへ国際言語文化センター(ICLC)は、学習者一人ひとりが「真の国際人」となり、世界で活躍できる人材になることを願っています。世界を相手に活躍している人々は、異なる文化、宗教、民族、価値観等を超えて誰とでも円滑なコミュニケーションが取れるバランス感覚に優れているだけなく、語学力も備えています。
ICLCは、世界中から集まった学習者が同じクラスで学習し、互いが切磋琢磨して成長できる環境にあります。ここ沖縄で、多様な価値観を持つクラスメートと触れ合うことで視野を広げ、そして日本語力を身に付け、世界へと羽ばたいてください。

代表ご挨拶

沖縄で学ぶ日本語

理事長グローバリゼーション時代にあって、コミュニケーションとしての言語の重要性はますます増大しつつあります。諸外国から日本へ留学する人は毎年増えており、日本語の普及ぶりには目を見張るものがあります。そして、留学生が生活しやすい場所として特に評価されているのが、美しい自然と人情で知られる「沖縄県」です。日本の南に位置し、一年中暖かい沖縄県にある本校は、県内の日本語学校として最も長い歴史を誇り、経験豊かで献身的な教師陣とスタッフをそろえたアットホームな学校です。沖縄県には独特の文化・芸能・歴史があり、他県にはない多くの魅力があります。
本校では日本文化だけでなく、沖縄県独自の文化も学びながら日本語を勉強し、国際人として活躍できる人材を育成しております。本校での学習は、日本語学習をより深め、楽しく留学生活を送るための理想的な場所といえるでしょう。

国際言語文化センター附属日本語学校 理事長 金城デリア

会社概要

経営母体 株式会社 国際言語文化センター
学校所在地 沖縄県那覇市田原1‐4‐1 サンヒルズ田原2F
業務内容 ●在日外国人を対象とする日本語教育
●日本語教師の養成
●日本語教師の派遣
●語学研修・交換留学の企画および運営
●英語・スペイン語講座
●学生寮の運営

沿革

1983年8月 那覇市奥武山に語学学校機関「国際言語文化センター」として業務開始
フィリピン・ペルー・アルゼンチン・ボリビア・アメリカ等、多国籍の学生が在籍しスタート
1986年5月 株式会社として法人化 設立日:5月1日
1990年4月 沖縄で初めて本格的な日本語教師養成講座を開始
1991年7月 (財)日本語教育振興協会より日本語学校として許可を受ける
1996年8月 那覇市田原に移転
2000年4月 スペイン語、中国語講座開講
2016年4月 日本語教師養成講座420時間コース開始
2018年4月 ICLC東京校開校
1990年頃の社屋1990年頃
現在の社屋2018年現在

学校案内

ICLCの特徴

ICLCの最大の特徴は、入学する学生の多様性にあります。常時、世界20カ国から学生たちが集まっており、彼らの学習動機や目的も様々です。日本の大学等への進学を目的とする学生、ビジネスマン、南米日系人、米軍関係者、日本人の配偶者等…様々な価値観を持つ学習者が互いに協力し合い、学習に励むことで、単なる語学留学・語学学習の枠を超えた、国際人教育を行うことができます。

経験と知識に裏付けされた高水準の授業  充実のサポート体制   日本語教師養成講座を開設  豊富な日本文化体験 

ICLCの特徴